GI第65回九州地区選手権競走 最終日
白熱の攻防が続く「GI第65回九州地区選手権競走」も、いよいよ大詰め。4日間の予選から3つ準優を経て、頂上決戦で戦う6強が出揃った。5日目の準優は大波乱。逃げが決まったのは唯一、10Rの深川真のみ。11Rは人気を背負った岡崎恭が痛恨の勇み足で戦線離脱とし、12Rは峰竜太がS後手を踏み3着惜敗。これらの結果、優勝戦1号艇は深川が手にした。
■利用規約
Copyrights (C) 2012 BoatRace Ashiya All Rights Reserved.