第16回アサヒビールカップ  5日目
本命あり波乱ありで推移した予選が終了し、5日目は第二ステージを迎える準優勝戦。激しいつば競り合いが繰り広げられた今シリーズだが、結局は中田竜太がトップの座を守り抜いた。ここに池永太、水摩敦ら地元勢が続き、それぞれが準優の1号艇を務める。一方のボーダー付近の攻防は、5.71で岸本隆が滑り込んだ。
■利用規約
Copyrights (C) 2012 BoatRace Ashiya All Rights Reserved.